製薬

エチレンオキサイドガスによる医療器具用品の滅菌

導入製品
ATI社製 ガス検知器

エチレンオキサイドガス(EOG、酸化エチレンガス)は、医療器具の滅菌に使用されています。

工場内の滅菌時の濃度・滅菌後の安全濃度の確認のためにガス検知器を検討されているお客様がいらっしゃったので、ATI社製のガス検知器を提案しました。

エチレンオキサイドガス検知器を設置することで、滅菌時の濃度の管理ができ、また滅菌後の安全濃度の確認をすることができ、滅菌工程の管理、人身災害・設備への損 害を未然に防ぐことができました。

様々な用途に対応

ATI社製エチレンオキサイドガス検知器は、電気化学式の測定原理で、測定範囲が広く、低コストで様々な取付設置が可能で、センサー寿命が長いのが特徴です。

設置型・ポータブル型を取り揃えておりますので、様々な用途でご利用頂けます。

特に、取扱作業環境濃度の1 ppmの測定の目的で多数の導入実績がございます。

製品ページはこち