試薬を必要とせず、塩素を直接測定

残留塩素計

Q46H/62-63型残留塩素計は、隔膜式ポーラログラフィックセンサーを利用した試薬不要の残留塩素計です。

製品の特長

特長01

測定液に影響されにくい構造

メンブレン(隔膜)式ポーラログラフセンサーによる測定のため、測定液に影響されにくく、水道・浴場・プール・純水・海水・工水・冷却水・井水・排水・温泉など様々なアプリケーションに使用可能です。

特長02

残留塩素/pHの同時測定

オプションのpHセンサーを追加することで、塩素とpHを同時に測定することができます。この場合、塩素とpHの両方をそれぞれ4-20mAで出力することができます。
pH補償機能を使って、測定液のpHが変動しても安定して測定することができます。

特長03

広範で柔軟な測定レンジ

測定レンジは、0~2、0~20、0~200PPM及び0~200PPBが表示できるよう設定可能で、様々な用途に対応しています。
また、結合塩素、全塩素を測定する機種も取り扱っています。

導入事例

設置はシンプル省コスト幅広く残留塩素を測定

次亜塩素酸の添加不足でスケールが付着したり、過剰添加で配管に損傷を与えることなく、適切な濃度の次亜塩素酸を添加することができるようになりました。

仕様

モニター

レンジ 0~2.000,0~20.00、 0~200.0PPM
精度 0.5%(フルスケール)または0.02ppm
繰り返し精度 0.3%(フルスケール)または0.01ppm
ゼロ点ドリフト 0.05%(フルスケール)
電源
  • AC100~240V±10%,
    50/60Hz,10VA 以下
  • DC12~24V,負荷抵抗500mA
    (オプション)
アナログ出力 4~20mA(2点),負荷抵抗500Ω以下(標準)
リレー出力 SPDT(3点)、6A@250VAC(標準) SPST(3点)、低電圧リレー(オプション)
ディスプレー 4桁/12mmLCD(メイン表示) 12桁の第2ライン(サブ表示)
ケース NEMA4X(IP-66)ポリカーボネート製
作動環境 0~50°C
重量 2.7kg(センサー、フロ-セル、付属品) 6.8kg(システム組立の場合)

センサー及びフローセル

塩素センサー メンブレン式アンペロメトリック
(ポーラログラフィク)
pHセンサー オプションで使用可
材質 PVC、チタン
応答時間 60秒以内で90%
許容温度 0~50°C
許容圧力 0~0.34MPa
センサーケーブル 7.6m標準
サンプル流量 0.5~1.0ℓ/min(標準のフローセルの場合)
表示単位 ppmまたはmg/L

より詳細な情報は
ぜひカタログをご覧ください

下のボタンから本製品のカタログを閲覧・ダウンロードできます。

お気軽に
お問い合わせください

入力内容の確認

  1. 項目の入力
  2. 内容の確認
  3. 送信完了

製品名

お問い合わせ内容

企業名・団体名

ご担当者名

メールアドレス

メールアドレス(確認用)

電話番号

お問い合わせ内容