HASKEL75年の実績。空気駆動で多様なガスの圧力を上げるピストン式のガス圧縮機。100MPa以上の高圧にも対応可能です。

HASKEL エア駆動ガスブースター

HASKEL(ハスケル)のエア駆動ガスブースター(圧縮機)は、"電気を使用しない″小型エア駆動式ガスブースターです。様々なガスを高純度を維持して圧縮することができます。駆動で使用した空気を圧縮ガスの冷却にも利用しており、冷却水も不要です。窒素・ヘリウムなどの不活性ガスだけでなく水素・酸素なども昇圧可能です。

製品の特長

特長01

昇圧ガス圧力:最高150MPa実績あり

工場エアなどの0.5MPa程度の圧縮空気や窒素を駆動源にピストンを往復動させガスの圧力を上昇させる事が出来ます。窒素やヘリウムなどはもちろん酸素や水素などのガスも問題無く昇圧が出来ます。

特長02

流量レンジや使用用途に合わせて機種選択が可能

基本的な1段圧縮型・大流量のダブルタイプ・吸入圧力と、吐出圧力の比が大きい場合に最適な2段圧縮型と低圧から超高圧まで幅広くご選択いただけます。

特長03

日本国内で使用する際は高圧ガス保安法も含めてご対応可能

KHK受験合格品としての納入も可能です。

特長04

バルブや圧力計・安全弁など周辺機器も含めたシステムユニットとして設計制作

ガスブースター単体だけでは無く、協力会社の下お客様のご要望に合わせた機器設備を備えた装置制作も行っております。クーリングシステム、システム構築(PID制御)、電気制御及び熱交換器等についてのご提案も可能です。

特長05

圧力ラインの各種補機・アクセサリー

HASKEL(ハスケル)社ではガスブースターの圧力並びに流量の制御を最適なものにするために、各種の補機類を製作しています。ガスブースター全製品に適応するフルレンジの高圧レギュレーター・バルブ・スイッチ及び補助装置や、ご指定の補機類の製作も可能です。技術サポートのチームがご要望に合った機器の選択アドバイスも行っております。

補機・アクセサリーの種類

  • エアパイロットスイッチ
  • エアパイロットバルブ
  • 調整式リリーフバルブ
  • 流路切り替えレリーズバルブ
  • 油圧アキュームレーター
  • フィルター
  • 高圧バルブ、フィッティング及びチューブ
  • プレナムチャンバー
  • ポートアダプター
  • 圧力レギュレーター
  • ステンレススチールチェックバルブ
  • インテンシファイヤ(サイクル作動用チェックバルブ付)
  • フレキ型ゲージスナバー
  • ゲージスナバー

特長06

購入後の修理・メンテナンスも対応いたします

サニー・トレーディングはHASKEL社の日本代理店です。納入後の修理、メンテナンスもお任せください。ブースターを送っていただき修理、メンテナンス後発送、または取り外しが困難な場合は現場での修理やメンテナンスも可能です。日本全国どこへでもお伺いいたします。

メンテナンスのご依頼はこちら

  • 東日本:045-641-4731
  • 中部:052-563-4641
  • 西日本:06-6312-1671

特長07

水素ガスの昇圧

エア駆動ガスブースター及び高圧バルブ・フィッティングを使用して最高138MPaまで昇圧することができます。

エア駆動ガスブースターを用いた昇圧設備

  • 水素各種設備
  • 水素圧縮、格納及び移送
  • 水素発生装置の圧力増圧
  • 各種水発生装置
  • ポリシリコン製造
  • 水素反応装置
  • 研究開発機関用ガス供給
  • 半導体製造関連
  • 水素製造及び貯蔵ステーション
  • 燃料電池(可動・ポータブル及び定置型)
  • 水素精製
  • PTA工場(高純度テレフタル酸)
  • 石油回収及び精製
  • 水素発生源からボンベに充填
  • 発電所(冷却ガス)

特長08

運転構造について

運転構造

  • サイクル作動する大面積のエア駆動ピストンと、それに連結する小面積 のガスピストンで構成されています。ガスピストンは高圧ガスバレル内で作動します。ガスバレルのエンドキャップは、ガス入口側と出口側それぞれに逆止弁機構が組み込まれています。
  • エア駆動部には、サイクリングスプールとパイロットバルブが搭載されています。駆動エアを供給すると、ブースターは連続稼働運転します。
  • エア駆動ピストンとガス駆動ピストンの面積比は型式番号で表示され、概略の最高圧力も表しています。
  • 駆動エア圧力や駆動エア流量を調整することで、昇圧するガスの到達圧力や吐出ガス流量を変更することが可能です。
  • 昇圧するガスがエア駆動部へ混入しないよう複数のダイナミックシールを組み込んでいます。また、大気へガスを排気する排気口があり、駆動エア内のコンタミがガス部へ侵入するのを防ぐ設計になっています。
  • 排気口を配管する事で、可燃性や毒性ガスを安全に外部へ排気する事ができます。
  • 冷却は、排気冷風をガスバレルの周囲にあるジャケットに連続的に流し冷却しています。
  • ガスバレル端末にあるエンドキャップ内には、ガス入口側とガス出口側に逆止弁機構が組み込まれており、ピストンの作動により連続してガスの吸入・吐出を行います。

エア駆動部の作動温度

  • 標準シールの温度レンジは-4℃~+65℃です。これより低い温度ではエア/ガスのリークを生じ、高い温度ではシールの寿命を短くします。ハスケル社では最低でもISO8573.1 Class4相当エアの使用を推奨します。極低温で運転する場合はご相談ください。

ガスバレル部の作動温度

  • 低温は通常、圧縮ガスからの熱で温度が補正されていますので、シールや標準部品の運転にあまり影響しません。最高許容温度は115℃です。

特長09

適応ガスについて

HASKEL(ハスケル)社のガスブースターの多くは工業用として使用されています。しかし、ガスは"ドライガス"(湿分なし)をご使用ください。ある種のガス(酸素や水素ガスなど)に標準のブースターを使用することはできません。例えばドライガスシール仕様の場合、ブースターに特殊なシールや構造部材、ベント、特殊クリーニングその他の処置が必要になります。

ガスブースターの適応ガス

  • 窒素(N2)
  • 亜酸化窒素(N2O2)
  • アルゴン(Ar)
  • 一酸化炭素(CO)※2
  • エチレン(C2H4)※2
  • ヘリウム(He)
  • 炭酸ガス(CO2)
  • 6フッ化硫黄ガス(SF6)
  • 水素(H2)※2
  • 重水素(D2)※2
  • 呼吸器エア(N2O2)
  • ネオン(Ne)
  • 酸素(O2)※1
  • メタン(CH4)※2
  • 天然ガス(CH4)※2

※液化ガス(プロパン、炭酸ガス、亜酸化窒素等)は制御装置内で液またはガスとして昇圧できます。

※1 酸素(O2)の安全な最高圧力は34.5MPa以下です。安全を考慮し、材料はモネルを使用しています。

※2 これらのガスを使用する場合は、ブースターをよく換気がされた場所で使用し、更に安全を考慮し大気へベント配管しなければなりません。

特長10

納入実績

納入実績

  • 水素ステーション(FCV、FCFL)
  • 医療用酸素
  • ヘリウムガス等の希ガス回収
  • ボンベ残ガスの増圧
  • 耐圧気密検査
  • 研究開発用

※その他さまざまな用途でご採用実績がございます。

特長11

HASKEL(ハスケル)社について

HASKELは米国カリフォルニア州バーバンクを拠点とする本社工場があり、世界的な販売代理店のネットワークにより技術的なサポート並びにアフターサービスを可能としており、幅広い仕様に対応する機種が多数ラインナップされています。HASKELは75年以上にわたり、高圧産業用ガスおよび液体処理装置の世界有数のプロバイダとして認められてきました。HASKELほど高圧を扱う会社は他になく、業界をリードするだけでなく製品のイノベーションで業界を開拓してきた結果、開発した製品やソリューションが様々な安全上重要な環境で成功を収めています。また、世界の持続可能性、安全、国家安全保障、研究、探査の基礎などのミッションクリティカルな用途で常に選ばれています。

お気軽に
お問い合わせください

お問い合わせはこちら